大野智 1日で似顔絵描いたメンバーに感謝「ちょっと感動しました」

[ 2015年7月23日 16:00 ]

 「嵐」の大野智(34)が24日から東京・表参道ヒルズのスペースOで第2弾個展「FREESTYLE2」を開催。初日を翌日に控えた23日、報道陣の取材に応じた。

 個展は24日に発売される作品集「FREESTYLE2」の発売を記念してのもので、大野にとっては08年に東京など全国で行われたのに続く、7年ぶり2度目の個展。忙しい嵐としての活動の合間を縫って、制作を続けてきた。「仕事だけやっているとダメで、描きたくなって、それでバランスが取れているんです。自分に戻る作業ってところもあるかもしれない。仕事が忙しくなると描きたくなんです」と話した。「寝ないで描いてたほうがストレス発散になるというか。でも、次の日、仕事に行ったら眠くて仕事にならない(っていうこともあった)」と笑った大野。その様子は一緒に活動するメンバーにも伝わっていたようで、「(メンバーには)バレますね。非常に申し訳ないです。収録中もしゃべらないで、違うこと考えていたり。それでもメンバーは温かく見守ってくれる、優しいですよ」と仲間たちに感謝した。

 展示作品の中には前回に続き、メンバー4人それぞれが大野の肖像画を描いたものもある。「えー!とか言うと思ったら、いいの!?ってノリノリで描いてくれた」とメンバーが快諾してくれたことを明かし、「ちゃんと家に持って帰って、(翌日には)ちゃんと描いてきてくれた。あの忙しい中、あの4人は…」と感心。同じ写真をモデルに描いているが、4人それぞれの個性が出ており、「意外と(個性が)出るんですね、面白かった。どれもパーツで見たら似てますね。楽しめます」。

 この7年間でのメンバーの絵の“進化”も痛感したようで「みんな進化してるんです。7年で何があったんだって。いろんなものを見てきているんですね。松潤なんかボカシとか入れてて…あれはびっくり。みんな自信に満ちあふれてましたね。絵が得意ではない翔くんは無口でしたけど、すごい進化してて面白い」としみじみ。「ちょっと感動しました。あんな一生懸命描いてくれて。あそこまで真剣に描いてくれたことがもうありがたい」と4人の思いに感激していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年7月23日のニュース