PR:

すみれ ハリウッド映画の大役射止めた理由とは

2011年、本格的に芸能界デビューが決まったすみれ

 タレントのすみれ(24)がハリウッド映画の大役に抜てきされ、注目されている。

 出演する作品は、全米で400万部を突破した大ベストセラー小説が原作の「The Shack」。娘を殺された家族の再生をキリスト教のメッセージを通して描く物語で、主演は世界歴代No.1ヒット映画「アバター」で脚光を浴びたサム・ワーシントン(38)。製作は05年に「クラッシュ」でアカデミー作品賞を獲得した制作会社ライオンズゲート。重厚な内容から「完全にオスカーを狙った作品」(映画関係者)といわれている。

 物語は主人公と「神」「イエス」「聖霊」の不思議な三者との出会いを中心に描かれ、すみれが演じるのは不思議な聖霊役。アジア系米国人や中国のスター女優らをオーディションで退けて射止めた経緯と、神役がアカデミー賞女優のオクタヴィア・スペンサー(44)と考えると、歴史的な快挙といえる。

 抜てきしたのはプロデューサーのギル・ネッター氏。「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」で12年アカデミー賞最多の4冠を獲得した凄腕。決め手となったのは、わずか5分間の映像だ。

 オーディションで台本の一部を演じるよう指示されたすみれが製作側へ送ったもの。映像の中の清らかな存在感と堂々とした演技力が、ネッター氏らスタッフに高く評価された。デビュー時から取材をしている記者も映像をちょっとだけ拝見したが、ハワイ育ちで底抜けに明るいすみれちゃんが、とても神秘的な空間を映像全体に生み出していて驚いた。

 撮影に入ったのは先月30日。すみれと初めて対面したネッター氏は「ビデオで見た君はとても美しかったが、本物はさらに素晴らしい」と感嘆していたという。

 順調に撮影に臨めた中、ちょっと面白い話がある。現場に入るたび、日本の癖で共演者やスタッフに頭を下げていたら、主演のワーシントンから「君は気を遣いすぎだよ。そんなにペコペコしないでもっとリラックスしてドーンとしてればいいんだよ」とやさしく声を掛けられたという。

 2011年夏、日本で本格的にデビューする直前。初めて会ったすみれちゃんは日本語をまったく話すことができず、シャツ1枚のめちゃくちゃ開放的な姿で足を組みながら「ホット!ホット!」と日本の猛暑に悲鳴を上げていた。あれから丸4年。念願のハリウッドデビューの現場で「私、すっかり日本人になっていたの!」と明るく笑う姿がとてもうれしく、誇らしい。

[ 2015年7月4日 08:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月20日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル