オネエ系モデルIVAN、意中の人は「野球好きな20代前半」

[ 2015年6月22日 16:14 ]

映画「ボヤージュ」来日記者会見にゲスト出演した、オネエ系モデルのIVAN

 モデルのIVAN(31)が22日、都内で行われた映画「ボヤージュ」(8月29日公開)の来日記者会見にゲスト出演した。オネエ系モデルとして話題のIVANは、パートナーの存在を聞かれると「好きな人はいます」と即答。ただそのお相手については「野球が好きな20代前半。一般人?さあ、どうでしょう。付き合っている?ご想像にお任せします。ボールとバットだったらボールを握る方かな?」と謎の例えで記者を煙に巻きつつ「今はお仕事が恋人なので彼の事は後回しにしています」と肩をすぼませていた。

 映画「ボヤージュ」は、うつ病と戦う一人の精神科医が、世界各国を旅しながら、若くして亡くなった男たちの物語を追っていくセクシャル・マイノリティ・ムービーで、男性同士の過激な性描写もある。「4、5回観た」と作品にゾッコンのIVANは「スカッド監督の映画で脱ぐことはステータスでもあるので、自分が美しく映るのであれば脱ぐことに抵抗はない。男として出てくれと言われたら、とことん男に成り切って出演したい」と熱望していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年6月22日のニュース