松本利夫、USA、MAKIDAI 今年限りでEXILEパフォーマー卒業

[ 2015年6月22日 16:00 ]

EXILEのパフォーマーからの卒業を発表した(左から)松本利夫、USA、MAKIDAI

 「EXILE」の松本利夫(40)、USA(38)、MAKIDAI(39)の3人が、今年いっぱいでEXILEのパフォーマーを卒業することを22日、オフィシャルサイトなどで発表した。

 3人は「いつもEXILEを応援してくださる皆さんへ」として連名でメッセージを発表し、「EXILEとしてのひとつの活動を終え、新たな旅へ出るときがきました」とパフォーマー卒業を報告。「EXILEの未来は、新たな地平の先にある。だから今、新たな地平の先をめざす、開拓の旅へ出ます。これは、卒業でも引退でもなく、新たな挑戦です。いつまでも、『僕たちはEXILEだ』という誇りを持って」と前向きに心境を明かしている。

 3人は1999年、HIRO(46)らと「J Soul Brothers」を結成し、2001年には「EXILE」と改名して再始動。同年のCDデビューからパフォーマーとしてグループを支え、歴代最多4回の日本レコード大賞受賞など数々の栄冠に輝いた。

 EXILEにメンバーとしては残るが、パフォーマーとしてEXILEのステージに立つのは今年限り。今後の活動としては、松本は舞台を中心に演者としての活動の場を広げるべく劇団EXILEで「松組」を立ち上げる。USAはライフワークである「DANCE EARTH」でダンスが持つ可能性や素晴らしさを世の中に伝え、MAKIDAIは新たな「PKCZ」という場で「DJ MAKIDAI」としてよりクリエイティブな活動も考えているという。

 オリジナルメンバーとして苦楽をともにしたHIROは「正直寂しい気持ちもありますが…」と率直な心境を吐露しつつも、「ずっと夢に向かって頑張ってきた3人には沢山の感謝の気持ちと心からお疲れ様という気持ちでいっぱいです」とねぎらいの言葉を贈っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年6月22日のニュース