1/1000のヒロイン!芳根京子 TBS連ドラ主演

[ 2015年6月5日 05:30 ]

「表参道高校合唱部!」の主演に抜てきされた芳根京子。香川から東京に転校してきた香川真琴を演じる

 TBSの連続ドラマ「表参道高校合唱部!」(金曜後10・00、7月17日スタート)の主演に、新進女優の芳根(よしね)京子(18)が抜てきされた。「いまオーディションに最も強い女優」と評される注目度抜群の女優。廃部寸前の名門合唱部の奮闘を描く青春ドラマで、スター街道を歩み始める。

 約1000人が受けたオーディションを勝ち抜いた。約1カ月間に7、8回の選考に臨み、結果を聞いた瞬間、うれし泣き。「まさか主役に選んでいただけるなんて。夢のようで、泣いて喜びました」と振り返った。

 高成麻畝子プロデューサーは「全会一致だった」と選考の裏側を明かす。「目の動きに引き込む力があり、自然に人の感情を動かすことができる」と評価し、本作での飛躍に期待している。

 スカウトを機に芸能界入り。13年に女優デビュー。昨年はNHK連続テレビ小説「花子とアン」で、仲間由紀恵が演じた蓮子の娘を演じた。同作もオーディションで勝ち取っており、いまやドラマや映画界で大きく話題の女優。映画関係者は「オーディションにとにかく強い。必ず最後まで残っている印象」と明かした。

 本作では、香川から東京に転校してきた女子高生・香川真琴を演じる。ほかの生徒を巻き込んで先頭に立ち、一丸となって合唱部復活を目指す。来週に迫るクランクインが待ち切れない様子の芳根は、「“早く学校へ行きたい”と思えるような、明るい学園ドラマにしたい。この子で良かったと思っていただけるように全力でぶつかっていきます」と力強く抱負を語った。

 ≪共演に若手の有望株ズラリ≫さまざまな境遇の生徒が合唱を通じて一つになり、「誰にでも輝ける場所があるんだ」というメッセージを伝える作品。ほかの合唱部員7人も、将来の活躍を渇望されている若手がそろう。テレビ朝日「烈車戦隊トッキュウジャー」に主演し女性人気の高い志尊淳(20)、「第13回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリの吉本実憂(18)らが出演する。また、合唱部の顧問は城田優(29)が務める。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年6月5日のニュース