中村敏夫氏葬儀に「北の国から」ファミリーら250人参列

[ 2015年6月2日 05:30 ]

中村敏夫さんの出棺を涙ながらに見送る中島朋子

 「北の国から」などを手掛けたフジテレビの名プロデューサーで、先月26日に急性肺炎のため77歳で亡くなった中村敏夫元取締役の葬儀・告別式が1日、東京都文京区の護国寺桂昌殿で営まれ、吉岡秀隆(44)、中嶋朋子(43)、岩城滉一(64)ら「北の国から」ファミリーをはじめ約250人が参列した。

 ドラマの脚本を担当した倉本聰氏(80)が弔辞。「いつも君は全力で読んでくれた。鼻をすすってグチョグチョになって。君の反応が良くないと、ぼくは迷わず原稿を破り捨てた」と、2人の絆を語りつつ故人をしのんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年6月2日のニュース