PR:

大山のぶ代、記憶失っても声はドラえもん…夫の砂川啓介が会見

妻・大山のぶ代の認知症の症状について語る砂川啓介

 「ドラえもん」の声で知られる大山のぶ代(81)が認知症を患っていることをラジオで公表した夫で俳優の砂川啓介(78)が15日、都内で記者会見を開いた。

 大山の近況について、「今話したことを覚えていない」などと報告。自宅ではテレビ朝日で放送されているアニメ「ドラえもん」を見ていることも明かした。ただ、自身がドラえもんの声を務めていたことは「覚えているのかどうか、分からない」。当時の記憶については「ないようだ」と寂しそうに話した。

 それでも台本を見ながらの声優の仕事はこなしている。先週、砂川のCDアルバムに曲紹介の声を入れた際には「ドラえもんの声でなくていいから」と告げたが「自然にドラえもんの声になっていた」という。26年にわたって磨いた職人芸は染みついているようだ。

 大山は08年に脳梗塞を発症。約2年前に認知症と判明した。砂川は「もっと前に症状が出ていたかもしれないと思うけど、信じたくなかった」と心境を吐露。「今、彼女は完全に子供になってる。やんちゃな娘ができたという感じでいとおしい」とし「最近は割合元気。表情も豊かになった」と明かした。

 自身が2年前に初期の胃がんの切除手術を受けていたことも告白。苦労が重なるが「僕はあまり苦を感じないタイプ」と語った。抗がん剤治療は行っていない。

 また、78歳としていた大山の年齢が、実際は81歳だったことも公表。64年の結婚当時は年上妻に抵抗があった時代で、砂川は「うちの両親に対する(大山の)気遣いだった」と話した。

 ▼大山 のぶ代(おおやま・のぶよ)1933年(昭8)10月16日、東京都生まれ。56年にNHK「この瞳」で女優デビュー。その後、TBS「江戸を斬る」、日本テレビ「熱中時代」などに出演。ドラえもんの声は79年4月~05年3月の26年間担当した。

 ▼砂川 啓介(さがわ・けいすけ)1937年(昭12)2月12日、東京都生まれ。高校卒業後の61年に、NHK「うたのえほん」の初代“たいそうのおにいさん”として出演しお茶の間の人気者に。64年に舞台で共演した大山と結婚した。

[ 2015年5月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月18日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル