竹田恒泰氏が結婚 “能年玲奈似”20代一般女性と…既に挙式披露宴

[ 2015年4月20日 05:30 ]

竹田恒泰氏

 明治天皇の玄孫(やしゃご)で憲法学者の竹田恒泰氏(39)が19日、20代の一般女性と結婚したことを発表した。この日放送された読売テレビ(大阪市)のトークバラエティー番組「そこまで言って委員会NP」(一部地域放送)で、「つい先日、挙式と披露宴を身内だけで済ませました」と報告。「明治神宮で挙式済み」というテロップも流れた。

 お相手について辛坊治郎キャスター(59)に「誰に似ている?」と聞かれると、「よく分からないんですけど、よく言われるのは能年玲奈さん」とニッコリ。紹介されたことがあるという東京新聞、中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏(62)は「お嬢様で竹田さんにふさわしい清楚(せいそ)な方。若き日の吉永小百合さんみたい」と印象を語った。

 竹田氏は歌手の華原朋美(40)に求愛したものの、元AKBの畑山亜梨紗(24)との二股騒動で昨年、破局。その後、畑山とも別れていた。

 竹田氏はこの日、ブログでも結婚を報告。「いつの日も互いに思いやりを忘れずに、笑顔の絶えない明るい家庭を築いていきたいと思います」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年4月20日のニュース