「花燃ゆ」第15話は9・8% ついに1桁台に…「平清盛」以来

[ 2015年4月13日 10:00 ]

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主演を務める井上真央

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(日曜後8・00)の第15話が12日に放送され、平均視聴率は9・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。第14話の11・2%を下回り、自己ワーストを更新。ついに初の1桁台に落ち込んだ。大河ドラマの視聴率1桁台は2012年「平清盛」以来。12日は「2015統一地方選開放速報」が午後8時から放送。「花燃ゆ」は午後7時15分スタートだった。

 初回(1月4日)の16・7%は1989年「春日局」14・3%、77年「花神」16・5%に次ぐ歴代ワースト3位発進。第2話13・4%、第3話15・8%、第4話14・4%、第5話12・8%、第6話13・3%、第7話11・6%、第8話13・0%、第9話12・9%、第10話12・7%、第11話14・0%、第12話13・2%、第13話11・7%、第14話11・2%と推移し、ついに1桁台まで落ち込んだ。

 主演の井上真央(27)演じる主人公は、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹・文(ふみ)。文は長州の尊王攘夷派の中心人物・久坂玄瑞と結婚し、死別後、群馬県初代の県令(現在の知事)の楫取素彦(かとり・もとひこ)と再婚。幕末の動乱の中、強い絆で困難を乗り越えた家族愛、松陰の志を継いだ若者たちの青春群像を描く。

 第15話は「塾を守れ!」。幕府要人の暗殺計画を立てたとし、吉田寅次郎(松陰)(伊勢谷友介)は再び野山獄に投獄される。松下村塾は閉鎖され、塾生たちは行き場を失う。文(井上)は差し入れを持って兄を訪ねるが、彼の気持ちが既に家族から離れていることを感じる。寅次郎は獄中でも自らの計画を諦めることなく塾生たちに手紙を書き、攘夷(じょうい)決行を指示していた。江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)と高杉晋作(高良健吾)は手紙を受け取るが、あまりに無謀な計画になすすべがなかった…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年4月13日のニュース