「後ろで何かが…」ラフルアー宮澤エマ「SHOCK」事故瞬間語る

[ 2015年4月12日 11:06 ]

ラフルアー宮澤エマ

 タレントのラフルアー宮澤エマ(26)が12日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。自身が出演していた、「KinKi Kids」堂本光一(36)主演のミュージカル「Endless SHOCK」で起きた事故の瞬間について振り返った。

 宮澤は同ミュージカルのヒロイン役で出演。劇中劇のシーンで舞台前方でペアダンスを披露している時、後ろのLEDパネルのセットが倒れ始めた。「後ろで何かが起きているのは分かっていた」というが、「振り返って確認して、お客様にお尻を向けたら芝居が止まってしまう」と考え、演じ続けたという。

 それでも「これは、止めないといけないところに来てどん帳が降りた」と当時の緊迫した様子を説明。「…SHOCK」を観劇したという司会の「ダウンタウン」松本人志(51)は「初めてみるお客さんは、演出なのか事故なのか分からなかったのでは」と話すと、宮澤も「クライマックスのシーンでしたし(パネルの倒壊が)演出だと思われたかもしれない」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年4月12日のニュース