北野武監督最新作、愛知県警とコラボ 振り込め詐欺防止ポスターに

[ 2015年4月7日 06:45 ]

北野武監督の新作「龍三と七人の子分たち」がコラボレーションした、愛知県警の振り込め詐欺防止のポスター

 北野武監督(68)の新作映画「龍三と七人の子分たち」(25日公開)が、愛知県警とコラボレーションをした。振り込め詐欺防止を喚起する防犯ポスターに、同作を起用。主演の藤竜也(73)をはじめ、劇中で大騒動を繰り広げる元ヤクザのジジイ8人が登場する。

 ヤクザと警察の異色のタッグだ。藤が演じるヤクザの元組長が振り込め詐欺にかかり、ストーリーが動きだす本作。ポスターはこの内容からヒントを得ており、「こんなジイさんでもダマされた?!」というキャッチコピーで注意喚起を図る。

 同作の撮影は東京のほか、名古屋でも敢行。北野監督は「撮影場所として、名古屋を中心に愛知県の皆さんには、ずいぶんとご協力いただいた。その上、愛知県警察に活用されるとは、ありがたいこった」と喜んでいる。北野監督が警察とタッグを組むのは今回が初。前作「アウトレイジ ビヨンド」では自らヤクザを演じたが、今作には刑事役で出演している。ポスターは8日から、県内45の警察署をはじめ、交番などに約1000枚掲示される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年4月7日のニュース