福澤キャスター「まれ」で2役挑戦!高校生クイズ経験買われ司会役

[ 2015年4月7日 05:30 ]

NHK朝の連続テレビ小説「まれ」に出演する福澤朗キャスター

 福澤朗キャスター(51)がNHKの連続テレビ小説「まれ」(月~土曜前8・00)に出演する。05年に日本テレビを退社しフリーになってから俳優業を行うのは初めて。パティシエを目指すヒロインが出場するロールケーキコンテストの司会者役で16日に登場。5月にも別の役で出演することが決まっており2役挑戦となる。

 コンテストが“パティシエの甲子園”という位置づけだったため、日テレ時代に“クイズの甲子園”と言われる「全国高等学校クイズ選手権」の司会を務めていた福澤氏に白羽の矢が立った。当初は1役での出演予定だったが、NHK側の要請で再登場が決まった。

 「毎朝録画して1日3回はチェックする」ほどの朝ドラファンという福澤氏は「高校生クイズの司会をやって良かった」と出演を喜んでいる。

 学生時代には劇団「円」に研究生として所属。情報番組とは異なる現場の雰囲気を久しぶりに味わい「みんなで物作りをしているという実感と心地よい緊張感があります」とうれしそうな表情。50歳を超えて「自分から進んで新しいことに挑戦しないと、仕事の幅は広がらない」と感じているといい「次は大河ドラマで流鏑馬(やぶさめ)選手権の司会者役をやりたい」と冗談めかしながらも意欲的だった。同ドラマの13日放送分にはアンガールズの田中卓志(39)、14日には橋本マナミ(30)が出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年4月7日のニュース