新婚・高垣麗子「彼が居てくれるだけで幸せ」と幸せオーラ全開

[ 2015年3月29日 10:52 ]

「CISOLASSE(シソーラス)」来店イベント前に取材に応じた高垣麗子

 モデルの高垣麗子(35)が29日、都内で自身がクリエイティブ・ディレクターを務めるアクセサリーブランド「CISOLASSE(シソーラス)」来店イベントを行い、開店前に取材陣の取材に応じた。

 同ブランドは28日新宿高島屋に1号店がオープン。高垣は「女性を美しく見せる実用性のあるアクセサリーを作ってます」とアピールした。

 高垣は27日に音楽プロデューサーで音楽ユニット「STUDIOAPARTMENT」の森田昌典(38)と入籍。報道陣から「おめでとうございます」と声を掛けられると「ありがとうございます」とニッコリ。お店のオープンと結婚、幸せなことが重なり、「私も前向きな気持ちで、嬉しく思ってます」とはにかんだ。

 お相手の森田とは「2人とも食べることが好きで、そういった仲間の中で出会いました」と語り、「食を共感できたり、自分らしくいられる安心感があってすごくいい形でお付き合いが始まった」となれそめを語った。

 プロポーズは去年の秋。「香港旅行に行って“これからも一緒に居て下さい”と言われました」と大テレ。「自分が自分らしく居られて、人生共にしたいなと思い」すぐに「はい」と返事をしたという。

 新婚生活について「普通の幸せがいいです。毎日幸せだなと1日の終わりに思えような生活がしたい」と話した。旦那さんは「いつもニコニコしていて優しいです。悩んだり、落ち込んだ時も彼が居てくれるだけで幸せ」とノロケた。挙式、披露宴、新婚旅行などは「まだ具体的には考えていない。ゆっくり2人で相談して」決めたいと話した。子供についても「できたらいいな。3人きょうだいなのでたくさん居たら幸せかな」と最後まで幸せオーラ全開だった。

 高垣は、1998年長野五輪で金メダルを獲得するなど4度冬季五輪に出場した元スピードスケート選手でスポーツキャスターの清水宏保氏(40)と2010年に結婚したが、11年12月に離婚している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年3月29日のニュース