森高千里 フジ21年ぶり生音楽番組で初司会!

[ 2015年2月25日 05:30 ]

フジテレビ「水曜歌謡祭(仮)」の司会に決まった森高千里

 フジテレビが4月から21年ぶりに生放送のレギュラー音楽番組をスタートさせる。司会は歌手の森高千里(45)とお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(42)が務める。森高にとって音楽番組の司会は87年のデビュー以来初めて。番組名は「水曜歌謡祭」(水曜後7・57)で、誰もが口ずさめる名曲だけを選ぶ構成を予定。

 フジテレビで生放送の音楽番組といえば、「夜のヒットスタジオ」(68年11月4日~90年10月3日)が有名。今回は「MJ―MUSIC JOURNAL」(92年10月14日~94年3月23日)以来の復活となる。年末恒例の大型音楽番組「FNS歌謡祭」の制作スタッフが集結し、音楽エンターテインメントショーを毎週展開する。

 花を添えるのが森高。フレッシュでキュートな司会ぶりに期待が高まる。板谷栄司チーフプロデューサーは「デビュー以降ガールポップをけん引し、現在も現役で音楽活動をされ、多くの方に支持されている」と起用理由を説明した。

 森高は「司会はやったことがないので、お話をいただき本当に驚きました。生放送でもあり、4月からは体調を含め、緊張感を持って日々過ごすようになると思います」と本番に備えている。初挑戦でもあり、「皆様温かい目で応援宜(よろ)しくお願いします」と、サポートを呼び掛けている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年2月25日のニュース