日テレ「ガキ使」23年半ぶりの時間変更 30分繰り下げ

[ 2015年2月7日 06:12 ]

ダウンタウンの松本人志と浜田雅功

 日本テレビの長寿番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の放送時間がこの4月から23年半ぶりに変更されることが分かった。6日に東京・汐留の同局で行われた4月期番組編成説明会で発表された。

 「ガキの使い~」は「ガキ使」の愛称で知られるお笑いコンビ「ダウンタウン」がMCを務める長寿お笑いバラエティー。89年10月に火曜日の深夜から放送を開始し、91年10月に現在の日曜午後10時56分に変更された(99年3月まではスタート時間が現在より1分早かった)。今回の改編で、午後10時半から1時間のドラマ枠が新設されることになり、「ガキの使い~」は約30分繰り下げられ、午後11時25分からの放送となる。

 同番組の放送時間の変更は23年半ぶり。ここ数年は視聴率的にも苦しんているが、改編後はさらに深い時間帯での放送となり、さらなる苦戦も予想される。黒崎太郎編成部長は「『ガキ使』は押してしまうが、日曜日は全体的に視聴率は好調。その流れを続けられれば、『ガキ使』まで十分つながると思う」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年2月7日のニュース