「作家大学」5月開講 大河ドラマ脚本家などが講師に

[ 2015年2月6日 05:30 ]

「東京作家大学」の開校会見であいさつする故市川森一氏の妻・美保子さん

 日本放送作家協会は5日、都内で、作家養成講座「市川森一・藤本義一記念 東京作家大学」を5月に開講すると発表し、講師を務める脚本家らが会見した。

 NHK大河ドラマ「峠の群像」の脚本家冨川元文氏、「オレたちひょうきん族」の構成を担当した放送作家高橋秀樹氏らが講師で、放送台本や小説などの執筆を指導。脚本家の故市川森一氏の妻・美保子さんは「講師の方たちが市川の遺志を継いでくれている。受講生が脚本賞を取ってくれるのが楽しみ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年2月6日のニュース