西川先生 離婚で顔に変化?「整形よりも顔を変えてしまうことってある」

[ 2015年1月16日 00:58 ]

西川史子

 女医でタレントの西川史子(43)が16日、テレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演、「離婚して次の恋愛ができない先生」として登場。「ドクターX1(バツイチ)整形外科医 私、失敗しましたので」と、同局人気ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」をもじって自己紹介、「しくじったところを、みなさんのお役に立てればと思ってやって参りました」と語った。

 西川は、10年2月に結婚したが、14年1月に離婚したと発表。離婚後2億円のマンション、170万円の高級ベッド、120万円の犬を飼うことなどをしたという。だが、居心地のいい家に住んでしまうと家から出なくなって1カ月で25回も一人酒を飲んで泣いてしまい、ベッドでは悪夢を見るようになってしまい、リビングに布団を敷いて寝ることに。また、犬に依存したがために犬が暗くなってしまったと明かした。

 西川は「離婚で想像以上にエネルギーを使って、知らぬ間に空っぽになって突然涙が出てくる。顔にも変化が表れてしまった。整形よりも顔を変えてしまうことってあるんだな、と。自分は強い人間と思っていたけれど、心だけでなく、見た目も変えてしまうショックがあった」と語った。

 さらに、次の恋愛に進めない人の特徴として「友だちにイエスマンが多いと、今のままでいいと思ってしまう。経済的に自立していると、1人でも困らない」などと明るく語っていた西川だが、生徒役の今井華(22)が自身は家庭的であり、料理もよくすることを明かすと「料理を作るほうがいいと思っていたけど、沢山作ったら目が散ると言われ、食後のお茶が一番おいしいと言われた」とまだ立ち直ってはいない様子を見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年1月16日のニュース