サザン チャート圏外から69位、三代目JSBもレコ大効果で上昇

[ 2015年1月6日 05:30 ]

「日本レコード大賞」で初の大賞を受賞した三代目J Soul Brothers

 新年最初のヒットランキングとなる12日付オリコンチャートが5日確定し、紅白歌合戦で歌われたシングル曲などが軒並み順位を上げた。

 上がり幅が最も高いのは、サザンオールスターズの「ピースとハイライト」(13年8月発売)で200位圏外から69位に急上昇。トップ100入りも昨年9月以来で15週ぶり。続けて歌った「東京VICTORY」(昨年9月)も前週84位から30位に浮上した。

 第56回日本レコード大賞を受賞した三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」は39位から12位に。中森明菜が紅白で初披露した新曲「Rojo―Tierra―」は21日発売のためランクインはしていないが、4年半ぶりの始動効果もあって昨年8月発売のベスト盤「オールタイム・ベスト―オリジナル―」が64位から30位にジャンプアップした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年1月6日のニュース