錦織のガット職人がバラエティー初出演 プロ転向時から付き合い

[ 2015年1月5日 06:00 ]

全米オープンで錦織圭のラケットのガットも手掛けた細谷理氏はテレ朝系「あっぱれ!ニッポン国民遺産」でバラエティーに初登場

 テレビ朝日系のバラエティー特番「あっぱれ!ニッポン国民遺産」(18日後1・55)は、凄い技術を持つ全国の達人たちを紹介する。

 男子テニスの錦織圭(25)が準優勝した昨年9月の全米オープンで、大会オフィシャルストリンガー(ガット張り職人)を務めた細谷理(ただし)さん(45)が、バラエティー番組に初出演。錦織とは07年のプロ転向時から付き合いがあり、厚い信頼を寄せられている。過去には女子テニスのマリア・シャラポワ(27=ロシア)のガットを手掛けたこともある。錦織の快進撃を支えたガット張りの技を披露し「今年も全米オープンに呼ばれたら、錦織選手のガットを張って優勝に携わりたい」と意欲を燃やしている。

 また、米倉涼子(39)や上戸彩(29)らトップ女優を育てたオスカープロモーション教育開発本部の遠藤ミカさん(年齢非公表)がテレビに初登場。厳しい指導で原石を磨きスターに育てるプロ。お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(30)にレッスンをしながら、笑顔や話し方など指導の様子を公開する。こちらの司会は、関根勤(61)と山瀬まみ(45)が務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年1月5日のニュース