宮沢りえ主演「紙の月」は最多5部門「ブルーリボン賞」候補

[ 2015年1月4日 05:30 ]

ブルーリボン賞で最多5部門でノミネートされた、宮沢りえ(中央)主演映画「紙の月」

 東京映画記者会(スポーツニッポン新聞社など在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成)が選ぶ「第57回ブルーリボン賞」の各部門候補が3日、決定した。

 宮沢りえ(41)主演の「紙の月」(監督吉田大八)が最多の5部門にノミネート。昨年の第36回モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞の「私の男」(監督熊切和嘉)からは、ダブル主演の浅野忠信(41)、二階堂ふみ(20)が、それぞれ主演男優、主演女優賞候補に選出。

 本選考は4日。授賞式は2月12日、東京都千代田区のイイノホールで開かれる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年1月4日のニュース