華原朋美、竹田氏と真剣交際していた…「子どものことも話し合った」

[ 2014年12月29日 12:44 ]

今年4月、竹田氏の“両てんびん疑惑”を受け、傷心旅行から帰国した華原朋美

 歌手の華原朋美(40)が29日、テレビ朝日の朝の情報番組「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)に出演、明治天皇の玄孫(やしゃご)で学者の竹田恒泰氏(39)と真剣交際していたことを認めた。

 お騒がせ芸能人の“その後”独占取材と題したVTRに登場。今年を「珍味な1年。酒のつまみだよって言うぐらい」と振り返った。竹田氏は4月に元AKB48の畑山亜梨紗(23)との交際報道があり、“両てんびん疑惑”が浮上。華原は「すでにお付き合いしている中での、あのFRIDAYだったので…」と、竹田氏と交際の事実があったことを告白した。

 華原によれば、竹田氏とは昨年の12月に交際がスタート。今年2月のバレンタインデーには手作りチョコを渡した際には「子どものことまで話し合ってました」と暴露。一方で竹田氏が畑山に交際に申し込んだのも昨年のクリスマスごろとされ、華原は「あら~って思った。ショックでした。『論文で忙しい』と珍味(竹田氏)は言ってたんですよ」とぶっちゃけ、「あんなに『いとおしい』と言っていたのは何だったんでしょう?」と、あらためて振り返った。

 華原は竹田氏から熱烈に求愛されたことを明かしつつ、これまで交際の事実については明確にしていなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2014年12月29日のニュース