局アナTV出演本数1位はNHK高瀬アナ&日テレ森アナ

[ 2014年12月16日 10:30 ]

局アナ番組出演本数ランキングでトップに立ったNHKの高瀬耕造アナ(左)と日本テレビ・森富美アナ

 ニホンモニターは16日、2014年テレビ局アナウンサー番組出演本数ランキングを発表。男性1位は851番組のNHK・高瀬耕造アナウンサー(38)女性1位は667番組の日本テレビ・森富美アナウンサー(41)となった。フリーアナウンサーは対象外となっている。

 高瀬アナは月曜日から金曜日まで正午のニュースのメーンキャスターを務めるほか、日中、夕方の定時ニュースなども受け持つことから、1番組当たりの出演時間は短いものの、断トツの数字を叩きだした。

 男性2位は主に週末のニュースを受け持つNHK・井上二郎アナウンサー(40)で632番組。3位は421番組のTBS・赤荻歩アナウンサー(33)、4位に404番組でフジテレビの倉田大誠アナウンサー(32)が続いている。「好きな男性アナウンサーランキング」(データニュース社)で3連覇を果たした日本テレビの桝太一アナウンサー(33)は、330番組で7位となった。

 森アナは定時ニュースのほか、「ヒルナンデス! 」の中のニュース枠にもレギュラー出演していることが要因に挙げられる。女性2位は494番組のTBS・吉田明世アナウンサー(26)。3位は439番組でフジテレビ・山崎夕貴アナウンサー(26)、4位に422番組でTBSの佐藤渚アナウンサー(27)が続いている。 「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコンスタイル調べ)で2連覇を果たした日本テレビの水卜麻美アナウンサー(27)は367番組で9位となっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年12月16日のニュース