ぬ~べ~に鶴瓶!丸山に電話し談判「さんまが出たならオレもや」

[ 2014年12月6日 06:00 ]

日本テレビ「地獄先生ぬ~べ~」に出演する笑福亭鶴瓶

 関ジャニ∞の丸山隆平(31)が主演する日本テレビの連続ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」(土曜後9・00)の最終回(13日)に、タレントの笑福亭鶴瓶(62)がゲスト出演する。子供に慕われる教師だが、実は妖怪だったという役どころ。ラストを飾る妖怪だけにビジュアルや存在感は強烈になりそうだ。

 出演のきっかけは鶴瓶から丸山への“直電話”。先月22日の第7話に妖怪役で出演した明石家さんま(59)が情報番組で「オレの知ってる妖怪は鶴瓶や」と発言。これを聞いた鶴瓶が「さんまが出たんならオレも出してくれ」と熱望した。

 丸山が電話の内容を番組プロデューサーに伝え、鶴瓶の出演が実現。2人は番組共演を機に約2年前から親交がある。

 鶴瓶は「冗談で言うたんです。絶対(出演依頼など)言うてきはれへんやろと思ってたら、回り回って言うてきた」と振り返り「まあマル(丸山)やしね。出ましょうと」と出演を決めた経緯を説明。熱演する丸山を間近で見て「いい顔になってきて、男前になってる」と絶賛した。

 さんまの出演は、ヒロイン役の桐谷美玲(24)が別の番組で共演した際に「出てください」と懇願したのがきっかけだった。それだけに丸山は「さんまさんの出演をゲットしてくれた桐谷さんに感謝」と笑顔。「鶴瓶さんが出てくださったおかげで、とってもぬ~べ~らしい締めくくりになった。どんな妖怪になるか楽しみにして」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年12月6日のニュース