西島秀俊&香川照之 父子役で共演!半沢スタッフ集結「流星ワゴン」

[ 2014年11月26日 06:00 ]

TBS日曜劇場「流星ワゴン」に出演する西島秀俊と香川照之

 俳優の西島秀俊(43)と香川照之(48)が来年1月スタートのTBS日曜劇場でダブル主演する。直木賞作家・重松清氏のベストセラー小説が原作の「流星ワゴン」(日曜後9・00)で、人生の再生と家族愛を描く。TBSとWOWOWが共同制作した12年のスペシャルドラマ「ダブルフェイス」、14年の連続ドラマ「MOZU」で共演し迫力ある演技が話題となった2人。今度は確執のある父子役に挑む。

 リストラ宣告され、生きる希望を失ってベンチに座っていた43歳の息子(西島)の前に不思議なワゴンが出現。乗り込むと、末期がんに侵されている父親(香川)が自分と同じ年齢の姿で現れ、過去を巡る奇妙な旅をしながら家族の絆を見つめ直す。

 制作陣は脚本・八津弘幸氏、演出・福沢克雄氏、プロデューサー・伊与田英徳氏。昨年の大ヒットドラマ「半沢直樹」を手掛けたメンバーがそろった。

 西島は19日に16歳年下の元会社員女性との結婚を発表したばかりだが、妻(井川遥)と息子の心の闇を見過ごしてしまい、家庭が破綻してしまう役どころ。香川は型破りで血気盛んだが、病床に伏す73歳の姿も演じる。

 西島は「香川さんが僕の父親役ということに驚きました」と率直な感想を述べつつ、「21世紀の日本が舞台の“バック・トゥ・ザ・フューチャー”はどんな物語になるのか。ぜひご期待いただければ」。香川は「衝撃のキャスティングで送る全身全霊のファンタジー。新年からがっつりと感動していただきたく思っています」と話している。ほかに吉岡秀隆(44)らが共演。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2014年11月26日のニュース