悼む声続々…北大路欣也「感謝の思い」松方弘樹「非常に残念」

[ 2014年11月19日 05:30 ]

高倉健さん死去

 【芸能界ショック】

 ▼北大路欣也(「八甲田山」などで共演)大変お世話になった後輩の一人です。教えられ、叱られ、時には褒められました。そのうれしさは私の大きな原動力であり、感謝の思いは悠久です。

 ▼松方 弘樹(俳優)尊敬する大先輩です。若いころは別として、体のことを常に考えておられる方でしたので、健さんは100歳まで生きると思っていましたが非常に残念です。

 ▼加山 雄三(「八甲田山」で共演)近年も積極的に新しい映画に出演されており、元気なお姿を拝見していた矢先での出来事だったため、大変、驚いております。日本を代表する俳優さんでいらっしゃいました。本当に、お疲れさまでした。

 ▼加藤登紀子(「居酒屋兆治」で共演)60年代に青春を生きた私たち世代にとって、その生きざまはバイブルでした。それはたった一人でも大きな力に立ち向かっていける人であること、必死で生きる全ての人に心を寄せる熱い人間であること、そして自分自身に厳しく、迷いながら生きるさすらいの心を持ち続けること。妻の役をやらせていただいた思い出、何より大切に、心からご冥福をお祈りします。

 ▼八代 亜紀(歌手)デュエットソング(90年発売「挽歌」)を出させてもらうなど大変お世話になりました。無名の私に深々とお辞儀をされたり、人格者であり、本当のスターの振る舞いを間近で勉強させてもらいました。

 ▼大竹しのぶ(「鉄道員」で共演)たった1度だけの共演でしたが、10本も20本も映画を撮ったような、豊かで素晴らしいことをたくさん教えていただきました。映画人「高倉健」の魅力は、そのまま、人間「高倉健さん」の魅力です。美しく、気高く、そして何よりも優しい健さんを一生忘れません。神様みたいな人が、本当の神様になってしまったようです。

 ▼広末 涼子(「鉄道員」で共演)今もまだ信じられません。ただただ、悲しくて、寂しいです。健さんに、撮影現場で聴かせてもらった音楽、入れてもらったコーヒー、かけていただいた優しい言葉、背筋の伸びた大きな体で、力強く抱きしめてもらった思い出…全部、忘れません。

 ▼田中 麗奈(テレビCMで共演)高倉さんが現場に現れると、周りが明るくなってお日さまに照らされてるような温かさがありました。共演者、周りのスタッフみんなが幸せな気持ちになりました。またあの光を感じてみたかったです。

 ▼森田 健作(千葉県知事)健さんとは映画「八甲田山」で共演しました。たたずまい、人間味あふれる演技、誠実な人柄は私の憧れでした。

 ▼渡瀬 恒彦(「南極物語」で共演)東映に入社して45年、私にとってずっと「親方」のような存在でした。今、「南極物語」の撮影で寝食を共にした2カ月が忘れられません。

 ▼降旗 康男氏(映画監督)残念の一言です。来春の撮影を楽しみにしていましたが、できなくなってしまいました。無念です。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年11月19日のニュース