「浅草ロック座」運営会社の破産開始決定…営業には営業なし?

[ 2014年10月23日 05:30 ]

浅草ロック座

 東京都台東区の老舗ストリップ劇場「浅草ロック座」を運営する斎藤観光(東京)が、東京地裁から破産開始決定を受けていたことが22日分かった。破産管財人の弁護士によると、開始決定は15日で負債総額は約2億3800万円。劇場側は営業を続けており別の会社が運営母体のため営業に影響はないとしている。スタッフも「閉館になるという臆測まで流れて困惑している」。真白希実らによるステージが31日まで上演中で11月も1~20日に新たなショーが決まっている。

 浅草ロック座は1947年(昭22)開業。近くのフランス座とともにしのぎを削り、浅草で一時代を築いた。09年6月にはグラビアアイドルの小向美奈子(29)がストリップデビューして話題に。近年は娯楽の多様化などで客が減少していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年10月23日のニュース