指原莉乃、HKT残留が決定 秋元康氏「お願いします」

[ 2014年10月23日 03:30 ]

HKT残留が決定した指原莉乃

 HKT48の指原莉乃(21)が23日、ニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」に出演した。プロデューサーの秋元康氏(56)も登場した。

 番組のタイトルが「緊急動議。指原はAKBに戻るのか?指原と誰か、AKBグループを熱く語る。」だったことから、発言が注目されたが、指原は「わからないです。でも、私は罪の意識を持ってHKTの皆を育てなきゃと思っている。秋元さんからこれでいいよ、と言われるまでは続けるつもり」と語り秋元氏も「じゃあ、HKTでお願いします」と語り、HKT残留が決まった。

 指原は12年に恋愛スキャンダルが発覚し、HKTへ移籍。まだ2年ということで秋元氏は「まだHKTだって皆わかり切っているだろ。誰がこんなタイトルにしたの?」と番組のタイトルにクレームも。

 また、21日に指原は「秋元さんが既読スルーをよくする。最近は未読スルーも覚えて…怒って未読スルーされてたんです。ちょっと前まで怒られていたんです。理由は言えないんですけど…未読スルーってイヤじゃないですか?ブロックされてたんだと思う。悲しかったです」とトラブルを告白していたことから“真相”が注目されていたが「してないって」(秋元氏)「した!絶対にした。LINEで見てもらえないからショートメール送った。秋元さんが忙しかったんだと思った」と平行線のままだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年10月23日のニュース