ミステリーハンター立花優美が引退「予想外のことが起こって…」

[ 2014年10月14日 09:31 ]

 タレントでTBS「世界ふしぎ発見!」(土曜後9・00)のミステリーハンターを務める立花優美(31)が14日、自身のブログを更新し、この日をもって芸能界を引退することを発表した。

 「いつも応援して下さっている皆様へ」のタイトルで更新されたブログでは、「この度わたくし立花優美は本日10月14日をもって芸能界を引退することに致しました。突然のご報告で驚かせてしまい申し訳ありません」と突然の引退を報告、今年「…ふしぎ発見」で念願のミステリーハンターになると夢がかなった最高の年としながらも「予想外のことが起こってしまい、その結果張りつめていた糸が切れてしまいました」と引退に至ったことを明かした。

 「予想外のこと」について詳細な言及はなかったが、「もう戻ることはないと自分の中でわかったので芸能界を引退することを決意」したという。スポニチの取材に対し、所属事務所は、立花が“個人的な事情”によって3カ月前に引退を申し出たことを明かした。

 「思えば17歳からこの業界に入り、今日までとにかく笑顔で私らしく全力でやって参りました。経験を積みファンの皆さんに応援して貰ったことは何ものにも代え難い私の宝物です」と感謝を述べた。

 今後は「OLとして働きながら、今趣味としてやっているお花(プリザーブドフラワー・アーティフィシャルフラワーアレンジメント)を仕事にするのが当面の目標」とし、笑顔で頑張ると決意を述べて締めくくった。

 立花は、競馬専門のグリーンチャンネルやテレビ東京の競馬番組の進行役や、CM、ラジオなどで活躍。今年2月には「世界ふしぎ発見!」でスポーツ大国・ロシアの夏と冬をリポート、初めてミステリーハンターを務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月14日のニュース