山P ツンデレ教師「癖になる」も「普段の僕はつまんない男」

[ 2014年9月23日 05:30 ]

 歌手で俳優の山下智久(29)が22日、大阪市内で開かれた主演映画「近キョリ恋愛」(監督熊澤尚人、10月11日公開)の上映会で舞台あいさつした。同名少女漫画が原作で、生徒と恋愛関係になる“ツンデレ教師”を演じた。「普段の僕はツンでもデレでもない、つまんない男ですよ」と自虐的に語るも、「照れくさいセリフもあったけど、やってくうちに気持ちよくなって癖になりそうでした」と笑顔。「もっと体温上げてやろうか、生意気ちゃん」と劇中のセリフを再現し、客席のファンから悲鳴に似た黄色い歓声を浴びていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年9月23日のニュース