仲間由紀恵 田中哲司との入籍を発表「1+1が2以上の結果を」

[ 2014年9月18日 16:03 ]

09年9月、ドラマ「アンタッチャブル」制作発表でフォトセッションに納まる田中哲司(後列左)と仲間由紀恵(前列右)

 女優の仲間由紀恵(34)が18日、俳優の田中哲司(48)と入籍したことを所属事務所を通じてマスコミ各社にFAXで発表した。仲間は「彼の穏やかさが自然の流れとなり、機が熟しこの度結婚の運びとなりました。公私にわたり1+1が2以上の結果を残せるよう精進して参ります」などと喜びのコメント。事務所によると、2人の仕事の都合により、会見、挙式・披露宴などの予定はないという。

 2人はドラマ共演で知り合い、09年11月に交際が報じられたが、当時は仲間の所属事務所が「仲の良い友人の一人」と説明。しかし2人はその後も愛を育み、ゴールインとなった。

 沖縄県浦添市出身の仲間は、94年に女優デビュー。テレビ朝日系「トリック」、日本テレビ系「ごくせん」シリーズなどで人気女優となり、05年には大みそか「NHK紅白歌合戦」で初の司会を務めた。翌年には山内一豊の妻を描いたNHK大河ドラマ「功名が辻」で主演。今年はNHK連続テレビ小説「花子とアン」で吉高由里子(26)扮する主人公の腹心の友・蓮子役を好演して話題となった。

 田中は日大芸術学部出身で、「蜷川カンパニー」など舞台を中心に活動。近年は名脇役としてTBS系のドラマ「夜行観覧車」「ATARU」や映画「アウトレイジ ビヨンド」「そして父になる」などで幅広く活躍し、放送中のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」では荒木村重役を演じている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年9月18日のニュース