方正、三度ら若手落語家4人衆 28日に初の外部公演開催

[ 2014年9月16日 05:40 ]

月亭方正

 落語家の月亭方正(46)ら若手4人衆が、なんばグランド花月や浅草花月の“ホームグラウンド”から初の外部劇場公演を28日、東京・東大和市民会館で行う。

 方正に加え、桂三度(45)月亭八光(37)桂三四郎(32)による「よしもと落語 新世代四人衆」が出演。これまでは「花月」で行われていた好評の落語会を初めて“出張”の形で行うことになった。

 昨年1月に改名し落語家として活動している方正ら新世代の噺(はなし)家が、古典芸能とフレッシュな笑いの感性の融合で客席を沸かせる。

 チケット購入と公演詳細はハミングホールHPに掲載。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年9月16日のニュース