山口淑子さん死去に中国政府「哀悼の意」、主流メディアは伝えず

[ 2014年9月16日 05:30 ]

 中国外務省の洪磊副報道局長は15日の記者会見で、女優で元参院議員の山口淑子さん(7日に94歳で死去)の悲報について「(山口さんは)戦後、中日の友好平和促進に積極的に貢献した。哀悼の意を表したい」と述べた。

 共同電によると、15日付の中国紙、新京報は山口さんの死去を写真付きで報道。戦前は中国で「李香蘭」の名で活躍し、戦後は参院議員を務めたほか、05年には小泉純一郎首相(当時)に対して靖国神社を参拝しないように求めたなどと紹介した。

 一方、人民日報や中央テレビなど主流メディアは伝えなかった。日中関係が悪化している中、メディア管理当局が慎重な扱いを指示した可能性がある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年9月16日のニュース