野外イベント台風で中止 「残念」コブクロら出演者ラジオ生出演

[ 2014年8月10日 08:16 ]

FM802で演奏した「福耳スペシャルユニット」の(前列左から)秦基博、杏子、スキマスイッチ・常田真太郎、(後列左から)さかいゆう、スキマスイッチ・大橋卓弥、山崎まさよし

 9日に開催予定だったFM802の野外無料コンサート「MEET THE WORLD BEAT 2014」(MTWB)が、台風11号の影響で中止された。

 1990年の初回から25回目にして初めて。FM802の開局25周年を記念した今年は、木村カエラ(29)や初登場のケツメイシら豪華アーティスト全11組が参加し、観客1万4000人を動員予定だった。同局では午前7時半ごろ、「荒天が続くことが予想され、来場者の安全を考え中止する」と発表。同日予定されていたJR大阪駅でのパブリックビューイング、10日の関連イベントも中止とした。

 前日8日のリハーサルのため来阪していた歌手らはラジオに生出演、落胆するファンらに声を届けた。この日、「大阪マラソン」の公式テーマ曲の題名が「42.195km」に決まったと発表したコブクロは「MTWBで初披露する予定だった。残念」と口をそろえた。

 04年の活動休止から10年ぶりに再始動した「KICK THE CAN CREW」は、関西では復活後初ライブだったため悔しさをにじませた。KREVA(38)は「全く予定はないけど、関西で何かできたら」と、リベンジに意欲。杏子(54)&山崎まさよし(42)&スキマスイッチ&秦基博(33)&さかいゆう(34)による特別編成の「福耳スペシャルユニット」は生演奏。「星のかけらを探しに行こう」など4曲が披露され、番組には感激のメッセージが多数寄せられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年8月10日のニュース