氷室の妻も「知らなかった」ライブで突然表明 楽曲制作は継続へ

[ 2014年7月14日 06:02 ]

「卒業」を宣言し、コンサート活動休止を発表した氷室京介

 ロック歌手の氷室京介(53)が13日、山口県の周南市文化会館で行ったコンサートで、ライブ活動からの引退を表明した。理由は年齢による体力の衰え。「次の横浜ツーデイズを最後に氷室京介を卒業する。その後、さよなら公演はするかも。25年頑張ってアスリートの気分」と語った。

 ロックバンド「BOφWY」のボーカルとして82年にデビュー。87年に解散後、翌年にソロデビューし、今年4月からソロ25周年の全国ツアーを行っていた。関係者によると、今ツアーで、氷室は自身のパフォーマンスについて「納得がいかない」と繰り返していた。楽曲の制作活動は続けるという。

 突然の表明は周囲も寝耳に水で、コンサート終了後、すぐに会場を後にした氷室を追って事務所スタッフらが真意確認のために追いかけるドタバタぶり。事務所幹部の氷室の妻も「知らなかった」と話しているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年7月14日のニュース