一青窈、特別展イメージソング書き下ろし“丹精込めた一曲”

[ 2014年7月10日 05:30 ]

イメージソングを書き下ろし、特別展のサポーターを務める一青窈

 歌手の一青窈(37)が9日、都内で行われた、東京国立博物館で開催中でサポーターを務める台北・故宮博物院の特別展「神品至宝」(毎日新聞社など主催)の合同取材会に出席した。

 台湾人の父を持ち、台北で幼少期を過ごした。展覧会イメージソングとして書き下ろした「LINE」について、「展示してある文物と同じように、すごく手間暇かかった作品になっている」と胸を張った。8月1日には同博物館前でミニライブを観覧無料で開催する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年7月10日のニュース