SKE48 30日発売新曲「不器用太陽」はイメージ一新

[ 2014年7月6日 12:00 ]

手を組んで笑顔の須田亜香里(左)と柴田阿弥

 今月30日発売の新曲「不器用太陽」はこれまでのSKE48のシングルのイメージを覆すものになりそうだ。

 須田亜香里(22)は「今までは“パレオはエメラルド”みたいに疾走感があって、さわやかな感じが強かったけれど、今回は割とバラード調で、途中、ヒップホップみたいな乗りが入っている」と説明。さらに「SKEと言えば、汗をかいて踊るという感じだったけれど、新曲はダンスがほとんどなくて、表情とか繊細な部分で表現しなくちゃいけない」と明かし「今までのSKEにはなかった魅力を出したい」と意気込んでいる。

 柴田阿弥(21)は「知り合ってから長い時間がたつ2人が、お互いに好きなんだけれど、なかなか言い出せないというような切ない歌詞を表現するのが難しい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年7月6日のニュース