ダンカン 激励に感謝「元気になったら力貸す」虎へのゲキも忘れず

[ 2014年6月29日 19:40 ]

ダンカン

 乳がんのため妻の飯塚初美さん(享年47)を22日に亡くし、28日に葬儀・告別式を終えたタレントのダンカン(55)が29日、自身のブログを更新。通夜、葬儀・告別式への弔問、ファンの激励に感謝した。

 ブログのコメント欄には書き込みが殺到。「その中に愛する人を亡くされた方、ママリンと同じ乳がんや病気と闘っている方の励ましは崩れそうなオレの心を支えてくださいました。皆さん、負けないで!オレも元気になったら『力』いくらでも貸すよ」と“恩返し”を誓った。

 「急には元のようにまだまだ笑えないだろうけど(ママリンが永眠した時には『ああ…オレ、もう生涯腹の底から笑うことはないんだな…』と思った)、ゆっくりと時間をかけて、また笑える日がくれば…と思い始めています」と時間が癒やしてくれることを願った。

 大ファンの阪神はこの日、甲子園で中日に初回8失点。2―10と大敗した。「しかし…阪神弱いなあ…ママリンの遺影に白星の報告させてくれよ~!」と自筆のスコアブックの写真をアップした。

 最後も「とにかく、いっぱいいっぱい皆さん、ありがとうございました。オレの座右の銘(と、いっても自分で考えてサインの時なんか色紙に、本当かなあ?と時折首をひねりながらに書いてる言葉だけど)『世の中には人という神様がいるョ!』を心から信じられるようになりました。重ね重ね感謝、感謝、感謝!」と、お礼で締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年6月29日のニュース