ダンカン「地球がなくなっても愛しています」初美さん葬儀

[ 2014年6月29日 05:30 ]

妻・初美さんと一緒に行った映画のチケットを手に涙を流すダンカン

 タレントのダンカン(55)の妻で、22日に乳がんのため死去した飯塚初美さん(享年47)の葬儀・告別式が28日、東京都中野区の成願寺長者閣で営まれた。出川哲朗(50)ら約400人が参列した。

 初美さんを「ママリン」と呼んでいたダンカンは、喪主あいさつの最後に「初めてかもしれませんが、呼ばせてください。初美、飯塚初美!」と、嗚咽(おえつ)を漏らしながら絶叫。今にも膝から崩れ落ちそうになりながら、「僕は初美を一生、永遠に、いや、地球がなくなっても愛しています」と大声で叫び、参列者の涙を誘った。出棺時には初美さんが大好きだった歌手・福山雅治の「最愛」が流れた。参列者は「ママリン、帰って来て!」と、早すぎる死を悼んだ。

 棺にはダンカンが好きな阪神タイガースのユニホーム、夫婦で観賞した映画のチケットの半券が納められた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年6月29日のニュース