間寛平が大暴れ! ビニール傘振り回し舞台セットに穴

[ 2014年6月13日 04:53 ]

舞台でギャグを披露する間寛平(中央)。左は川畑泰史、右はすっちー

 吉本新喜劇の元座長でタレントの間寛平(64)が12日、大阪・なんばグランド花月で、すっちー新座長(42)のお披露目公演(16日千秋楽)に登場、おなじみのステッキで暴れ回る「ステッキじいさん」で門出を手荒く祝福した。

 ステッキとビニール傘をブンブン振り回し、舞台セットに穴を開けるなど破壊。過激な振る舞いで場内を盛り上げた。

 公演前の口上でも、やりたい放題。「すっちーに代わり厚く、厚く御礼申し上げます」と真面目にあいさつしたかと思われたが、実は1975年の寛平のヒット曲「ひらけ!チューリップ」の歌唱前のセリフ。「パチンコは1日の疲れを癒やすストレス、鬱憤(うっぷん)の捨て所」などと語り続け、同席した辻本茂雄(49)から「オッサン、ええ加減にせえ」と突っ込まれていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年6月13日のニュース