May J. W杯は日本応援“ありのままで”頑張って

[ 2014年6月13日 06:00 ]

19日放送のTBS「謝りたい人がいます。」に出演したMay J.(右)と(左から)司会の小林麻耶、「ブラックマヨネーズ」小杉竜一、吉田敬

 歌手のMay J.(25)がTBS「謝りたい人がいます。~恩師にありがとうSP~」(19日後9・00)に出演する。大ヒットしているディズニー映画「アナと雪の女王」日本語吹き替え版のエンドソング「Let It Go~ありのままで~」を担当。中学校時代に、とあることで困らせてしまった恩師に収録で本気で謝罪後、♪レリゴ~と同曲を熱唱した。

 「後悔しないように、常にベストを尽くして、自分らしく生きていこうという勇気をこの曲から学びました。歌えるのが本当にうれしいし、先生の前で歌えて良かった」と笑顔で語った。

 父親が日本人で母親がイラン人。母親はイランのほか、ロシア、トルコ、英国、スペインにもルーツがあり、W杯ブラジル大会には、トルコ以外の縁のある国が全て出場している。「私はいろんな国のバックグラウンドが入っているんですけど、やっぱり、日本を一番に応援しているんで頑張ってほしいです」とエールを送った。お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」と小林麻耶(34)が進行役を務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年6月13日のニュース