渡辺美優紀 選抜外れ涙も「皆さんの好きなみるきーで」

[ 2014年6月8日 05:30 ]

NMB48とSKE48を兼任する渡辺美優紀(C)NMB48

AKB48第6回選抜総選挙 

(6月7日 味の素スタジアム)
 昨年の選抜メンバーから大島優子ら“卒業枠”を除いて唯一落選したNMBの渡辺美優紀(20)が悔し涙を流した。速報値の25位から巻き返したものの18位に終わり、「いつか恩返しができるように全力で頑張ります」と再出発を誓うのが精いっぱいだった。

 「移籍や兼任など変化もありたくさん、ご心配もお掛けしました。この18位に込められた、たくさんの気持ちを大切に…」と話したところで、こらえ切れずに涙。「1人でも応援してくれる人がいる限り、皆さんの好きな“みるきー”でいます」と絞り出した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年6月8日のニュース