こじはる「みんなが心から笑顔になれる時」卒業を発表

[ 2014年6月8日 05:30 ]

<AKB総選挙>「卒業しませ~ん」と会場を沸かせるる8位・小嶋陽菜

AKB48第6回選抜総選挙 

(6月7日 味の素スタジアム)
 AKB48の小嶋陽菜(26)は、卒業を発表するかと見せかけて、しないという行動でファンを驚かせた。順位は昨年の9位から1つ上げて8位。ファンの間で“伝統芸能”と言われるスロースターターぶりを発揮し、速報値の17位から大幅にランクアップしたため「うれしい」と笑顔を見せた。すると、「AKB人生に悔いはありません」と切り出した。

 昨年の篠田麻里子(28)と同様に、ここで卒業発表か…とファンらは騒然。そんな中、「私、小嶋陽菜はここで卒業発表しようとしましたが…しませーん!」と、したり顔で宣言。会場は爆笑に包まれた。

 実は、総選挙での卒業発表は既定路線だった。本人も「本当は決めていた」と明かしたが、それを踏みとどまった理由は襲撃事件。「もうちょっとだけここにいて、私にできることをしようと思った。私の卒業発表はみんなが心から笑顔になれる時」と明言した。

 理由はそれだけではない。「ネットの“卒業発表しそうな人ランキング”で1位だった。卒業宣言する時はみんなに驚かれたいので、卒業の話はしないで」とファンに要求。AKBでは最年長で、「衣装を渡された時に“やばいな”と思いました」と年齢をネタにして笑いを誘うなど、最後まで自由奔放なこじはるらしさ全開だった。 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年6月8日のニュース