山本彩 6位に飛躍も「見返せなかった 少し悔しい」

[ 2014年6月8日 05:30 ]

<AKB総選挙>6位にランクインしたNMB48の山本彩

AKB48第6回選抜総選挙 

(6月7日 味の素スタジアム)
 NMBの山本彩(20)は6位にランクイン、神7の壁を乗り越えた。「焦っていた部分もあったけど、本当にうれしい」と喜びを爆発させた。

 飛躍の1年だった。大島が鍛え上げたチームKを兼任。その大島の信任も厚く、総選挙の公式ガイドブックでは1位に予想されるなど、地方エースからAKBグループの“顔”へ駆け上がった。

 悩みもついて回った。引っ込み思案でテレビ出演の際に萎縮、ファンから「借りてきた猫」と揶揄(やゆ)されてきた。昨年の総選挙で「猫かぶりは卒業する」と宣言。本人が一番成長したかったポイントのはずだが、レギュラーのフジ系「バイキング」では、ほとんど発言できず“借り猫”のまま。ブログに「自分の無能さに絶望した」とつづることもあった。

 昨年14位からの大幅なジャンプアップだが、照準を最高位に定めていただけに、「“1位はまだ無理”という周囲の声も聞こえていたので、その人たちを見返せなかったのは少し悔しい」と本音も。「来年、もし総選挙があれば“1位は山本彩しかいない”と言ってもらえる人間になりたい」。大阪が拠点のエースが今度こそ、天下を持ち帰る。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年6月8日のニュース