綾瀬はるか 高校制服姿に「正直まずいな、と思った」

[ 2014年6月1日 05:30 ]

スリットの入った衣装で登壇する綾瀬はるか

 女優綾瀬はるか(29)の主演映画「万能鑑定士Q―モナ・リザの瞳―」(監督佐藤信介)が31日、公開初日を迎えた。綾瀬演じる天才鑑定士が、名画をめぐる事件と謎に挑むミステリー。女子高生時代の回想シーンでは制服姿にも挑戦した。

 綾瀬は都内で舞台あいさつに臨み「(制服は)正直まずいな、と思った」と告白。観客の拍手に「思ったより大丈夫だったかな?」と安どの表情を見せた。司会が登壇者のクセについて質問すると「監督はクセ毛です!」と返すなど、相変わらずの“天然”ぶりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年6月1日のニュース