脊山麻理子アナ 西川史子恐怖症だった…居酒屋で涙の和解

[ 2014年5月25日 11:30 ]

西川史子

 元日本テレビの脊山麻理子アナウンサー(34)が25日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。医師でタレントの西川史子(43)のロケ企画「居酒屋放浪記」に参加し、号泣した。

 日テレ時代、共演した西川から「脊山嫌い、としか言われたことがない。きょうのロケも意地悪言われるんだろうなって。(番組の)飲み会とかでも絶対、話さないし」とトラウマになっていたことを告白。思わず涙がこぼれた。

 すると、西川も「ごめん、ごめん、ごめん。私、あの時ね、(今年1月の)離婚前でおかしくなってたの」と謝罪。脊山アナは「(イジメは)10年くらい前からですけど」としながらも和解した。

 2人はカラオケで中島みゆき(62)の「時代」を熱唱。西川もなぜか感極まり、号泣していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年5月25日のニュース