DAIGO「許せない」…絶交の狩野英孝と1年ぶり対面、謝罪される

[ 2014年5月4日 22:15 ]

DAIGO

 ミュージシャンでタレントとしても活躍するDAIGO(36)が4日放送の日本テレビ「行列のできる法律事務所」(日曜後9・00)で、マジ切れエピソードを告白した。

 温厚な人柄で知られるDAIGO。許せなかったできごとは昨年4月に起こった。仲良くしていたお笑い芸人の狩野英孝(32)がロックバンド「ラルク アン シエル」に会うためにDAIGOに近づいたことをテレビ番組で告白するのを見た。DAIGOが「ラルク アン シエル」のhyde(45)から決めポーズ「ういっしゅ!」をする際の手袋をもらったことを、狩野が知ったことがきっかけだという。

 二人でドライブに出かけるほど仲が良かったが、DAIGOは「正直、ガチ切れに近い。そういうやり方で近づこうとしたのが許せない」と絶交を決意。「やり方がKSK(姑息)」と連絡を取っていなかったという。

 怒りが収まらないDAIGOだが、その狩野と同番組内で約1年ぶりに対面。目を合わせようともしなかった。

 それでも狩野から「DAIGOさん、すいませんでした」と直接の謝罪を受けた。少しは怒りが静まったのか、DAIGOは「正直、オレ的にはMM(マジムリ)」「GGDD(言語道断)」としながらも「ちゃんと来てくれたし、今までよりはちゃんと接していきたいなと」。最後はいい人ぶり全開で握手を交わし、仲直りへの第一歩を踏みだした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年5月4日のニュース