釈由美子 ぎっくり腰で落胆「歳には勝てない」自宅で静養…

[ 2014年5月4日 15:37 ]

ぎっくり腰になったことをブログで報告した釈由美子

 女優の釈由美子(35)が4日、自身のブログを更新し、ゴールデンウィークの最中、ぎっくり腰になってしまったことを嘆いた。

 釈は「目が覚めたら、腰が痛すぎて起きられなかった…」と突然のぎっくり腰を告白。「そんなハードなトレーニングなんてしたかなぁ~と思い返してみたら…おキティ様ね」と前日出演したイベント「Rady×Hello×Kittyイベント」で、「ダンベルぶら下げてるかと思った」ほどの重量のキティちゃんスカートを着たことが原因ではないかと自ら分析した。

 「腰がいってしまわないように 笑顔の裏では、思いっきり腹筋に力を入れていたんだけど やっぱ、いってしまいまちた。悲しいかな、もう歳には勝てないということなのね」と落胆した。

 最初に衣装を着た時の心境を「すごい恐縮して、恥ずかしくて出て行けませんでした」と振り返った釈だが、「衣装を作ってくれたスタッフの子たちが私に着て欲しい!と用意してくれたのだから」とスタッフの思いに応えて、勇気を持って着用を決意。結果的にイベントは大成功に終わり「大成功で嬉しかった」と喜びをつづった。

 とはいえ「今日は、GW中のお休みだったのでいいお天気だし、遊びに行く予定でしたが、腰が痛くて動けないのでのんびり、おうちで静養します」とまさかの事態に自宅での静養を余儀なくされている模様。「次の作品の覚えなきゃいけない台本もこんなにあるし…量が多すぎて、次から次に覚えていかないと間に合わないから、ちょうど、よかったです」と自身に言い聞かせて納得しているようだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2014年5月4日のニュース