峯岸キャプテン チーム4の“推しメン”4人を徹底解説

[ 2014年5月4日 11:45 ]

AKB48リクエストアワーで1位を獲得した「清純フィロソフィー」を歌うチーム4のメンバー

 AKB48グループの優勝チームを決める「ペナントレース」がスタートした。10月31日までチーム同士の熱い戦いが続くが、注目されるのが峯岸みなみキャプテン(21)が率いるチーム4だ。先日のリクエストアワーでもチーム4の楽曲が1位に輝き、その人気の高さを証明した。勝利への原動力になる魅力的なメンバーについて峯岸キャプテンに聞いた。

 ――まずは、リクエストアワーで大島優子さんの指名を受けて「ヘビーローテーション」のセンターを務めた向井地美音さんから。

 「大島優子タイプだと思います。大和田南那(チームB)が前田敦子タイプで“陰”だとするなら、みーおん(向井地)は“陽”。意外に陰の方が人を引きつけたりするじゃないですか?これまで、みーおんはその陰に隠れた陽だったんですけど、優子はたぶん自分に似たものを感じたんだと思います」

 ――峯岸キャプテンも期待している?

 「どのタイミングでみーおんに前(センター)をやらせるか迷ってたんです。まだ早いかなあ…?って。でも、優子が指名してくれたおかげで踏ん切りがつきました。箔(はく)もつきましたし…(笑い)。チーム4ではどんどん押していきたいと思います」

 ――人気ユニット「てんとうむChu!」の一員として活躍中の西野未姫さんはいかが?

 「未姫ちゃんは本当にガキンチョですよ(笑い)。可愛くて仕方がない。溺愛してます。いつも未姫ちゃんの動画を撮っては家で見て癒やされています」

 ――西野さんのパフォーマンスは素晴らしいですよね!?

 「パフォーマンスなら誰にも負けないと自負していますね。(チームKの小嶋)真子とか身近な存在にもライバル心を燃やしているのが良いところです。前に“センターは諦めた方がいいんですかね?”と聞かれたことがあるんです。諦めてほしくないし、センターになるという気持ちを持ち続けてほしいと思います。センターを目指している人と、そうじゃない人は内面から出る輝きが違うと思うので」

 ――同じ「てんとうむChu!」の一員で「真面目」と評判の岡田奈々さんは?

 「真面目ですけど、意外と“かまってちゃん”です(笑い)。しっかりしている子ほど、周りにかまってもらえないじゃないですか?その状況に寂しさを感じている子です。真子や未姫は人懐っこいからすぐに先輩たちの中にも入って行けるんですけど、奈々は“この子はクールな子なのかな”と思われて引かれてしまう。だから、私は思いっきり甘やかしていきます」

 ――SKEから移籍して来て、副キャプテンを務める木崎ゆりあさんはいかがでしょう?

 「“SKEの次期センター”と言われたほどの実力と人気がある子なので、後輩たちは、ゆりあからいろいろ吸収してほしいと思います。私自身は、これから、ゆりあとの絆を深めていきます。仕事上だけじゃなく心から会話することができればチームを大きくすることができます。私はそういうことが上手なタイプじゃないけれど歩み寄りたいと思います。このチームは私とゆりあの団結力にかかっています」

 ▽ペナントレース 48グループの国内全12チームが参加。(1)劇場公演有料会員応募倍率(2)劇場盤握手会の販売枚数(3)シングル選抜総選挙の得票数--で点数を算出。チームで競い合うことで、チームとメンバー個人の魅力をさらに磨くことなどを目的としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年5月4日のニュース