HKT指原 大阪初上陸で魂売った「今日は阪神ファン」

[ 2014年5月3日 05:30 ]

 博多を拠点にするHKT48が2日、大阪城ホールでコンサートを行い約7000人ものファンを集め“大阪上陸”を果たした。

 最新曲「桜、みんなで食べた」や「AKB48メドレー」などアンコールを含め全29曲を披露したステージの中盤には、コメディータッチの寸劇「白雪姫」も。お笑いの本場、大阪でのステージにもひるむことなくメンバーは「パチパチ明太子!」や「ヒーハー!」とパクリ気味のギャグを繰り出し笑いを誘った。

 指原莉乃(21)も「(出身地の)大分でも吉本新喜劇の中継があって、毎週見てましたから」と自信満々。「好きなのは島木譲二さん。同じギャグをずっとやってるのはスゴイ」とパチパチパンチで一世を風靡(ふうび)したナニワのスターに敬意を表し「いつもはソフトバンクファンですが…。今日は阪神ファンに魂売ります」と必死にアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2014年5月3日のニュース