蟹江さんナレーション「ガイア…」で追悼「声が今も耳に残ります」

[ 2014年4月8日 22:30 ]

蟹江敬三さん

 先月30日に胃がんのため亡くなった俳優の蟹江敬三さん(享年69)が2002年の番組開始からナレーションを務めていたテレビ東京「ガイアの夜明け」が8日放送され、番組冒頭部で蟹江さんの収録風景が流され、冥福を祈った。

 3月10日に収録されたナレーションをする蟹江さんは、赤いトレーナー姿で若干やせた姿ながらも笑みを見せるシーンが画面に映し出された。番組ナレーションは「番組開始より12年。ナレーションを担当いただいた蟹江敬三さんが永眠されました。蟹江さんの声が今も耳に残り心に響きます。ご冥福を心よりお祈り申し上げます」と悼んだ。

 蟹江さんは1月から体調を崩し入退院を繰り返していた。そのため同番組のナレーションを体調不良で休み、2月に復帰したものの3月末の放映から再び休養していたが30日に死去した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月8日のニュース